社会人だからこその週末海外旅行をすることがモットーの某外資系SEの日記


by lazio708
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

【10年春9日間インド旅行】3日目[バラナシ1日目]

8:00頃バラナシに到着。

ホームに迎えに来ていた青年のvickyにホテルまで連れていってもらい、
チェックインに時間がかかるということで、
ローカルレストランに連れていってもらう。



インドで最初のローカル食。
やっぱりカレーw
食べ終わり、お金を払おうとすると、
vickyが既に払ってくれていた。

僕は心の中でインド人にイイ奴なんていないと思っていたので、
怪しんでました。

その後、ホテルに戻りvickyと話していて、
Tが話を持ちかけ夜に一緒に飲む約束をし、

ホテルの部屋に。
トカゲ的なのがいましたが、ソファもあり、
ベッドもタイ旅行から含め初めてのツイン!
ただベッドは固かったです。



ホテルドアマン。
バラナシの神、シヴァのネックレスを見せてくれたり、
優しい人でした。

シャワーを浴び、オートリキシャでガンジス川へ向かおうと思ったんですが、
ホテルの近くにバーガーキングがあるとのこと。

Tはバーガーキングに行ったことがないとのことで、
丁度お昼時であったため、行ってみることに。



なにか、バーガーキングとは雰囲気が違うものもロゴは同じな気がします。

文字だけのメニューを見て、ベジのメニューしかなくおかしいなと思いつつ、
おすすめである、mini meal(ミニセット)を注文。




カレーが出てきましたw

カレーキングに名前を変えた方がいいんじゃないと思いつつ、
この辺でカレーに飽きてきました。

バーガーキングでカレーを食べ満腹になったあとオートリキシャを捕まえ
ガンジス川へ。

田舎な感じで、日本人バックパッカーがたくさん沈没している街。



牛さんも道端で寝てます。

オートリキシャは川の近くまでいけないらしく、
途中から徒歩で向かいました。
マックに入ってコールドドリンクが飲みたいくらい暑かったです



バラナシで一番大きいガート、
ダシャシュワメード・ガートに到着
ガートとは、ガンジス川に沐浴するための沐浴場のことです。

着いた途端、ゆっくり眺めたい気持ちと裏腹に、
大沢たかおボーイ登場

大沢たかおボーイとは深夜特急というバックパッカーのバイブルである、
本がドラマ化したときに大沢たかおと共演したと言い出す子供のことです。

90年代後半に放送されていて、明らかに当時生まれてなかっただろっていう
ツッコミを入れたくなるも、めんどくさかったため、無視し、移動することに。


次に向かったのはマニカルニカ・ガートという火葬場。
ヒンドゥー教では火葬場で遺体を燃やした後、遺灰をガンジス川へ流すことが、
習慣らしいです。

しかし、迷路のように入り組んでいることで有名なバラナシ。
すっかり、迷子になりました。





ここで、シヴァ神が僕らを味方してくれたらしく、
一旦でてみたらマニカルニカ・ガートに一発で到着できてしまいました。

写真厳禁なんで撮っていませんが、
次々と遺体が運び込まれて、
焼かれているのは一度は見る価値があるのではと思いました。

その後、オートリキシャを捕まえ、釈迦が初めて説法を行ったという、
サールナートへ向かいました。

途中、間違って入ったジャイナ教の寺院が僕的には
聖域を感じて、良かったです。



奥にある茶色い建築物がサールナートで右にある金色の建物がジャイナ教の寺院

250ルピー払い敷地内に入ったのですが、
Tはサールナートがう◯こにしか見えないと連呼してました。
Tは壮大な建物以外はすきじゃないらしいです。

vickyとの待ち合わせもあったので、オートリキシャでホテルに戻ることに。

18:30ロビーでvickyと友人のsivinと合流。

どこで飲むのかと思ったら、ホテルの地下のバーでした。

sivinは今日はヒンドゥー教のお祈りの日で断食を
しているので飲まず、3人で乾杯。

ところが、vickyが調子に乗ってビール勧め始めました。

こいつ悪いヤツだなーと思いつつ、

sivinは急にお祈りをはじめ、飲み始めましたw
それに加え、タバコも吸い始めるっていうねww

途中から、ひたすら男4人で下ネタ話w

vickyに会う直前、Tと僕でvickyが下ネタ話し始めたらどうするって
話をしていたのですが、実際そうなるとはw

そんな感じで、盛り上がり、明日vickyが暇だというので朝日を見た後、
合流し、映画館やマッサージに連れていってもらう約束を。

会計をしようとしたら、vickyがカードで払うとのこと。

どこまで怪しいんだと思いつつ、ご馳走になる。

そして部屋に戻り、明日はガンジス川へ朝日を見に行くので、
シャワーを浴び早めの就寝。

4日目へ続く。
[PR]
by lazio708 | 2010-04-03 00:00 | 10年3月インド旅行